読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育ての悩みをスッキリ!

little_momと一緒に子育ての悩みをスッキリ!しちゃいましょう。

きれいと汚いの区別について

f:id:little_mom:20170226112941j:plainこんにちは。
little_momです。

今回は、「きれいと汚いの区別」についてのお話です。

子どもがいると、衛生面で本当に気を遣うことが増えますよね。

ちまたに溢れかえる除菌グッズも、心配する親心を煽ります。

「これはきれい、これは汚い」

区別して神経質に汚れから子どもを守ろうとする毎日。

きれいにしてあげなければ、親としての務めを果たせていないのではないか、と思い悩んだり。

自分の子どもだけはきれいなままでいてほしい。

そんな風に考えて、疲れきってしまうことってありませんか。

私は、あります。

でも実は、突き詰めると人はきれいなままでは生きていかれないのですよね。

きれいなままでいようとすればするほど、それは無理だと気付くのです。

そうするためには、非人間的なラボで子どもを隔離するしかないんだと。

生まれた時から赤ちゃんは、寝たまま排泄をし、おもらしもします。自分のよだれで遊び、床を舐めます。

それは赤ちゃんの自然な姿。

また、ひとたび社会に出れば、皆汚れながら生き学ぶものなのではないでしょうか。

公園で泥んこまみれで遊んだり、保育園や幼稚園でいっぱい風邪をもらったり、ノラ猫と遊んだり。

それも子どもの自然な姿。

極端なことを言えば、オムツやハンドソープが存在しなかった石器時代のことを考えてみてください。

それでも人類は生きてきました。

私達は、汚いと思うものから隔離され過ぎたのではないでしょうか。

人間のありのままの汚れた姿を、恐れ過ぎているのではないでしょうか。

もし、ありのままの姿を受け入れられたら。

物事にきれいと汚いの区別をつけず、

それでもありのままの子どもを受け入れられたら。

その時子どもは、親から心から愛されていると、思えるのではないでしょうか。

それが親が注げる、最上の愛ではないか、と思う時があるのです。